熊本の会社・事務所・店舗を守るセキュリティ キューネット
熊本法人警備 > 不審者の侵入を防ぎたい > 入退管理

入退管理

入退管理

「現状、入退室管理・入室制限などは特に行っていない」ということであれば、「営業中は誰でも入室可能」ということになります。これを管理する警備が入退室管理です。

いつ、誰が、どこに出入りしたのか?入退室管理を行うことでセキュリティは大きく向上します。

各フロア、玄関、事務局、事務室などを個別に管理、また全体を管理するなど、方法はさまざまで、色んなパターンが考えられます。

入室制限

入室者の管理(誰がいつ入室)までは必要ないというところに

テンキースイッチ+電気錠による入室

各事務所の入り口にテンキースイッチを配置。
入室の際は、テンキースイッチにて暗証番号を入力することにより電気錠が開錠され、入室が可能となります。

※出入りの多い玄関や通用口への配置に適しています。
※テンキーはスクランブル方式。操作する度に数字の位置が変化します。

モニター付きインターホンの設置

暗証番号を忘れてしまった方や、暗証番号を知らないお客様が来館された場合は、カメラ付きインターホンで内部と連絡。インターホンのモニターで来館者を確認し、その場から電気錠の開錠が可能です。

入退室管理

入退室者の管理(誰がいつ入退室)が必要なところに

テンキースイッチ+電気錠による入室

各事務所の入り口にテンキースイッチを設置。
入室の際は、テンキースイッチにて個人ID+暗証番号を入力することにより電気錠が開錠され、入室が可能となります。
退室の際も、入室の時と同じ操作で電気錠が開錠し、退室が可能となります。

※出入りの多い玄関や通用口への設置に適しています。
※入退室者の履歴は、電気錠制御盤内のメモリーに格納されます。過去の履歴を見たい場合は、電気錠制御盤に管理パソコンを接続しダウンロードを行うことでパソコン上で見ることが可能です。
※テンキーはスクランブル方式。操作する度に数字の位置が変化します。

非接触式カードリーダー+電気錠による入室

各事務室の入り口に非接触式カードリーダーを設置。
入室の際は、カードリーダーに非接触カードをかざすことにより電気錠が開錠され、入室が可能となります。
退室の際も、入室の時と同じ操作で電気錠が開錠し、退室が可能となります。

※出入りの多い玄関や通用口への設置に適しています。
※入退室者の履歴は、電気錠制御盤内のメモリーに格納されます。過去の履歴を見たい場合は、電気錠制御盤に管理パソコンを接続しダウンロードを行うことでパソコン上で見ることが可能です。
※カードは非接触式。カードホルダーや財布に入れたままでも操作が可能です。

入退室監視

より強固な防犯が必要なところに

防犯カメラの導入

各事務室の入口に犯罪の抑止効果の高い防犯カメラを設置。
入室の際の状況をカメラで撮影します。
カメラの映像は、事務所内のモニターに映し出されるのと同時に、ハードディスクレコーダーに記録します。

※過去の映像を再生したい場合は、ハードディスクレコーダーの検索モードで日時を指定するだけです。
 また、再生中も録画が可能です。

カメラ導入の効果

  • 犯罪を抑止する
  • 内部不正を抑止する
  • 状況をつかむ

入退管理はこんな方にご利用いただいています。

警備対象 目的・悩み・ニーズ
ページの先頭へ戻る